クライネ・シャイデックで昼食

Jungfrauとは「乙女、処女」のこと。乙女座のことも意味する。乙女座の私はそんなことを思いながら、ユングフラウヨッホを後にし、クライネ・シャイデックで昼食をとることにした。

ユングフラウは岩肌だらけだが、クライネ・シャイデックまで下りて来ると草原が広がり、気持ちのいい場所だ。

クライネ・シャイデック
PCで拡大画像をみるにはこちら

駅そばのレストランは屋外で食べることができるのだが、ここも団体客に押さえられていて、我々が使えそうなテーブルは限られている。

クライネ・シャイデック

そのそばでなにやら作っているので、そこで買うことにした。

クライネ・シャイデック

ハッシュブラウンを大きな鍋で焼いている。うまそう。ついでにフランクフルトを注文。

クライネ・シャイデック

クライネ・シャイデック

ハッシュブラウンは焦げ目があって、香ばしく美味い。フランクフルトも太く、しかもジューシー。

草原と行きかう列車を眺めながらのひと時は最高に気持ちよかった。

クライネ・シャイデック
PCで拡大画像をみるにはこちら

JUGEMテーマ:旅行

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

リンク

categories

selected entries

archives

recent comment

  • ラウターブルンネン:谷底の滝の村
    peach (05/01)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM