番外編:リギ登山鉄道(五里霧中)

リギ鉄道に乗った時は、ちょうど霧が出ていて、5m以上先の見通しがきかない状態。なので、もし見通しがきいていれば、順位が変わっていたかもしれない。フィッツナウからスタートしてしばらくは視界もあったが、瞬く間に視界なしの状態になってしまった。
スイス最古の登山鉄道なのだが、車両はごく普通の感じで「最古」のオーラは出ていない。

また座席は進行方向に向かって座らないとずれ落ちそう。

見どころは傾斜に合わせて歪ませている蒸気機関車。シュタッフェルからリギ山頂までの間のみの運行でしかも乗るなら別料金をとられたが、一見の価値あり。

アルト・ゴルダウへの下りは何も見えないせいもあり、ウトウトしてしまったため、リギ登山鉄道の正当な評価になっていないかも。


JUGEMテーマ:ヨーロッパ
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

categories

selected entries

archives

recent comment

  • ラウターブルンネン:谷底の滝の村
    peach (05/01)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM