第3位:ユングフラウ鉄道

勝手に選ぶ、おすすめ路線第3位に、ゴルナグラート鉄道と並んで、インターラーケンとユングフラウヨッホを結ぶユングフラウ鉄道を挙げたい。

標高3454M、トップオブヨーロッパ、つまりヨーロッパで最も高いところにあるユングフラウヨッホ駅。道中、目前にせまるアイガー北壁。普通、鉄道を通そうとは思いもしないそのアイガー北壁の中を走っていくという事実。2回の乗り換えがあり、しかもそれぞれデザインが異なる車両に乗れる面白さ。またユングフラウヨッホからはヨーロッパ最長のアレッチ氷河を見下ろせる。


帰りに滝壺の村ラウターブルンネンに立ち寄るもよし、さらに崖っぷちの村ミューレンに足を延ばせば、さらにバラエティに富んだ風景を楽しめる。


JUGEMテーマ:ヨーロッパ
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

リンク

categories

selected entries

archives

recent comment

  • ラウターブルンネン:谷底の滝の村
    peach (05/01)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM