バートラガッツ着

20時近くになっているが、まだ夕飯を食ってない。大してお腹は減っていないが、このまま寝るまでこの状態が続くとも思わない。空腹感を覚えたときに食べるものがないとつらい。別記の通り、駅には幸いKIOSKがあったので、軽く食べられるものを買っていくことにした。後でわかることだがこれが大正解。ホテルまでの道には店はなく、ホテルの売店も開いていなかったのだ。ビールにチーズにスナックを仕入れた。
Bad Ragazの駅前には、地方の駅前ホテルみたいなのが一軒のみ。他はKIOSK以外に何もない。予想以上に静かなところだ。住宅街の駅のよう。そこから歩くこと15分。静かな町並みを進んでいくと、あった。この旅行最初のホテルだ。Hotel Garni Torkelbundte。早い話がペンションだ。
Hotel Garni Torkelb?ndte

・・・・・・
ドアが閉まっている。フロントは電気がついてない。えーーーーっ!
ふと見るとドアの横に封筒が2つ貼ってある。1つは自分の名前が書かれていた。開けてみると鍵が1つとメモ。この鍵で建物のドアと部屋のドアが開くらしい。20時ではフロントに人がいないらしい。 予想通り、当然何も買えない。シャワーをあびて、ビールとチーズで乾杯。プファーーーーー!! 長旅の疲れもあり、早々に就寝。 いよいよ明日からスイス鉄道旅行の本番だ。

フランクフルトからバードラガッツへ

4:40PM、ルフトハンザ3732便でフランクフルトからチューリッヒへ。離陸する飛行機が詰まっていて、しばらく待機する、とのアナウンス。定刻どおりにゲートを離れているのに、順番待ちってどういうこと!
出発は遅れるが、途中で取り戻すので、到着は予定通り、との再アナウンス。ということは最初から折込済みということか。
定刻どおり、5:30PMにチューリッヒ着。入国審査では型どおり、「旅行の目的は」「何日滞在予定ですか」と英語で質問され、「観光、Eight days」と回答。後から入国審査のブースに進んだ連れは、全く何も聞かれなかった。
さて今日はここZurich Flughafen駅から、Zurich HB(HauptBahnhof)経由Bad Ragazまでの鉄道の旅。Flughafenはもちろん空港。HauptはHead、Bahnhofは駅、つまり中央駅だ。
17:51発があるのはわかっていたが、きっと間に合わないと思っていた。ところが、間に合いそうなので、少々急いで、まずはSwiss Passのバリデーションを窓口で行う。「Validation Please」とSwiss Passとパスポートを差し出せば簡単にバリデーション完了。
時間通り、17:51に音もなく出発。そうだ、発車ベルは鳴らないのだった。
スイス国鉄
スイス国鉄 Urban Train

この車両はすべて2階建て。我々は1階席へ。
スイス国鉄車内
車内はデザイン性があるかどうかは疑問だが、すわり心地もよく、明るく快適。
14分でチューリッヒ中央駅着。7分後に発車するIR(Inter Regional)に乗り換え。
チューリッヒ中央駅では、我々が乗ってきた列車の横に(IC)Inter Cityが止まっていた。
チューリッヒ中央駅

ここからBad Ragazまで1時間14分。やや年季の入った列車で出発。
Inter Regional
Inter Regional

金髪の双子を見かけた。やっぱり外国に来たあ、という感じがしてうれしかった。
車内もなんだんか年季が入っている感じもするが、席は結構広くて落ち着く。
IR車内
6つ目の駅Bad Ragazには19:26に着。外は19時とは思えないぐらい明るい。
ここからホテルまでは歩いていけるはず。

JUGEMテーマ:旅行
 



成田からフランクフルトへ

さて、出発は土曜日、日本に戻ってくるのは日曜日の9日間。
金曜日まで仕事し、次の日の土曜日に成田から飛び立つ。日曜日に帰ってきて、次の日から仕事に戻るという結構ハードなスケジュール。
ヨーロッパ行きは朝成田発が多く、我々のルフトハンザ711便も成田9:35発だ。
一応2時間前に成田に着くことを考えると、7:30。京成日暮里に6:30、日暮里まで30分、という時間を考えると、6:00前に家を出発することになる。朝早いスカイライナーはネット予約できないようで、仕方なく、駅で予約しておいた。
予定通り、2時間前に着。いわゆるeチケットというやつで、メールをプリントしたものが航空券の代わりなので、なにやら頼りない感じ。端末でチェックインせよ、との係員の指示に従い、チェックイン作業完了。手荷物も預けてから、ふとチケットを見て気づいた。2人の席が離れている。しかも1人はB席なので、3人がけの真ん中だ。冗談じゃないと思って、カウンターで押し問答したが、結局満席で変更できず。
しょうがないので、海外用携帯電話を借り、スイスフランに両替を済ませてそそくさと機上の人に。
飛行機の中では真ん中席で極力じっとしていた。もっとも、一番奥の窓際に座っていた女性は10数時間の間、一度も席を立たず、トイレにも行かなかった。すごい。
なんとか無事、フランクフルトに午後2時過ぎに着。チューリッヒ行きは午後4:40。フランクフルトはハブ空港でもあるので、かなり大きい。店もそこそこ充実している。喉が渇いてハタと気が付いた。ユーロを持っていない。ミネラルウォータとチョコで計500円ぐらいをクレジットカードで買ってしまった。
ルフトハンザ
フランクフルト発チューリッヒ行き


JUGEMテーマ:旅行
 

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

リンク

categories

selected entries

archives

recent comment

  • ラウターブルンネン:谷底の滝の村
    peach (05/01)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM